スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




岐路
どうも、お久しぶりです。

約5ヶ月ぶりと言ったところでしょうか?

(もはやいないと思われますが)読者の皆様、お変わりないでしょうか?

私は現在、就職を機に東京で暮らしていたりします。

そうです、あのGeorgeもついに社会人になってしまったわけです。


img9203.jpg


仕事は、残念ながらというべきか、写真関係ではなく、

普通にサラリーマンをやっております。

久々にブログを更新したのは、ただの気まぐれ、でもあるのですが、

何故かここ最近、私がブログを更新しない事を不満に思う特殊な人たちが増えたので

それに後押しされる格好で、更新してたりもします。


img9209.jpg


しかしながら、東京に出てき、曲がりなりにもサラリーマンをしている身と致しましては、

なかなか写真を撮る暇もなく、ブログを更新する気力も湧いてこない現状であります。

今勤めている会社は、セキュリティーの関係から、カメラを持ち込む事は出来ませんし、

また、家に帰ってもネットをしていれば晩ご飯が自動で出てくると言った環境でもありません。

車もなく、写真を撮る暇もない。玉衝きにいく事もしなくなった自分みて、

"あぁ、これが無趣味な状態なんだろうなぁ"と感慨深く思ったりもする今日この頃です。


img9274.jpg


個人的には、このブログの存在意義というものはもう無いも同然と思っています。

開設当初のように、"写真で飯を食ってやる"といったような気概もなく、

青春記録写真とでもいうのか、"うつくしくはかないもの"を見つけれる事も

また、見つけたとしても撮る事が減ってしまうと思います。



皆さんの心に余韻を残すような、何か別の思い出に引っかかるような、

そういった写真を撮ろう。

いずれ見えなくなってしまうもの、既に見えなくなってしまったもの。

そういったものを思い起こせるような写真を撮ろう。

そう思って私は今まで写真を撮ってきました。


img9219.jpg


よくも悪くも、私自身が日々の忙しさに終われ、そういったものや感情をなくしそうになっている今、

このブログの存在自体も、静かに思い出の海に沈めてあげるべきなのかなと思っています。

まだ、どうするか決断はしていませんが、次の更新が最後の更新になってしまうかもしれません。

では皆さん、おやすみなさい。
スポンサーサイト




トンネルを抜けると…
雪国であった。

というほど人生はうまく進まないものだ。

別に深い意味など無いが、そういった事を感じる今日この頃。


img8315.jpg

img8312.jpg



長くモノクロを撮り続けて掲載してきましたが、

今回の写真を区切りに、しばらくモノクロは掲載しないと思います。

では、次の更新をお楽しみに…




モノクロから脱出の予感
img8308.jpg

img7999.jpg

img7997.jpg

img8005.jpg

img8007.jpg

img8004.jpg

img8010.jpg

img8018.jpg


でも今日は取りあえずモノクロで。

これが例のファッションショーの会場(トップ一枚を除く)でございますよ★キーマス先生。

今日の写真は、連作(のつもり)なので間にテキストは挟まずにいってます。

何枚か、イマイチ納得できてない写真もあるのですが、

弄るのは個人的哲学に反しているので、ノータッチで掲載しております。

やっぱり卒研とかで、長らく真剣に取り組まなかったせいか、ちょっと辛いですな。

あ、あと、今日はどうしても作品として完成度を高めたかったので、勝手に画像をセンタリングさせてます。

FC2のオプションコマンドにはないので、自分でHTMLを打ち込んでいるのですが、

もし対応してなかったり、センタリングされてなかったりしたら、教えていただけると幸いです。



話は変わりますが昨日、写真部の追いコンに参加してきたのだが、部員の多さにビビった。

酒飲んだ後で話を聞くと、レベルとか世界観に開きが出来すぎて、結構大変らしい。

まぁ、私が部長をしていた時から、徐々にそういう兆しは見えていたのだが、ここまで増えると、なおさら大変そうだ。

気軽にスナップを楽しむ者から、作品を追い求めて、日々撮り歩く者。

レタッチで写真を作る者や、別に写真が好きでもないのにいる者までいるらしい。

酔っぱらってから、"Georgeの写真わぁ~"とか"だから作品っていうのわね?"とか

先輩達と夜な夜な語りあっていた頃が懐かしい。

思えばあの頃からもう4年もの月日が経とうとしているわけだ。

あの頃の空気が写真部としての方向性として正しいのだ、なんていう気はさらさらないが、

来年は、写真についてどっぷりと語り合えるような人材が入らん事を、卒業していく身ながら願っていたりする。





| HOME | Next


Design by mi104c.
reorganized by george.
Copyright © 2017 蒼~sou~, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。